FC2ブログ


タイトル画像

蜜の在処

2010.10.07(21:33) 1016

            ツリフネソウが咲き揃ってきてます。
            甘~い蜜を求めてクロアゲハがやってきました。
         クロアゲハ 1



   蜜はクルクルっと丸まった奥の方に有るので、この大きな体では大変そうです。
   (丸まった部分は 『距』 と言います)   
 クロアゲハ 2
   
   ツリフネソウはホウセンカと同じ仲間です。
   と言うか、ホウセンカがツリフネソウ科です・・・
   虫に受粉を助けてもらった後は、自力で弾けて種を勢いよく飛ばします。

~怪しい探検隊~



自然 トラックバック(-) | コメント(6) | [EDIT]
<< | ホームへ | 朝焼けに飛ぶ>>
コメント
お褒め頂きありがとうございます。

サギの写真拝見しましたよ。
サギとお近づきになれた喜びが出ておりました。
待てば海路の日よりアリって事ですね。
【2010/10/14 20:34】 | ちば竹 #4ifQ3KdE | [edit]
ちば竹-さんの蝶 トンボ等のお写真

表現方法がない程 素晴らしいです

私も初めて 下手ですが サギ 撮れました
コンデジで 望遠きかないので かなり粘りました
御時間ある時 見て下さると嬉しいです
【2010/10/13 07:47】 | 風早 りら #sSHoJftA | [edit]
紅葉さん

花が特に小さいと言うわけではなく
クロアゲハが大きかったです。
なので、飛んでいるときはとても優雅に見えましたが
蜜を吸うにはかなり難儀してました。
上を向いて咲く花だったら止まるのも楽だけど、こんな風に咲いているとねぇ。
この場所でかなり粘っていたので、美味しい蜜だったのでしょう。
【2010/10/09 20:02】 | ちば竹 #4ifQ3KdE | [edit]
ta-raちゃん

確実に受粉をしてもらうためには
ただで蜜はあげないよ
と言う実に分かりやすい形になってますよね。

此花には他にも色々な蝶が訪問してましたが、
この体躯ではいかにも大変そうに見えました。

植物の子孫を残す技は調べてみると面白いです。
スミレなんかは働き者のアリさんに
種を運んでもらうのですが、
種の周りにアリさんの大好物をトッピングしています。
ヒガンバナは三倍体なので減数分裂がうまく出来ないので
種が出来ないので球根で増えるようです。
全部クローンって事になりますね。
【2010/10/09 19:55】 | ちば竹 #4ifQ3KdE | [edit]
ちば竹さん こんばんは。

クロアゲハもきれいですね~
【2010/10/08 17:50】 | 紅葉 #kmaoqnpc | [edit]
この花の蜜は、努力した者にしかたどり着けない蜜なのですね。
ホントに意地悪な形をしていますね(^^)
それにしても、自分で弾けたり、風に乗ったり、虫や鳥に運んで
もらったり、海流に乗ったり…と、植物たちの子孫を残そうとする
技には驚かされます。
【2010/10/07 22:16】 | ta-raちゃん #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する